新幹線回数券をクレジットカード現金化に使用するのはバレやすい?

二枚の新幹線回数券

新幹線回数券は換金率が高く、自分で行うクレジットカード現金化によく使われる商品です。

しかしながら同時に、カード会社に現金化がバレやすい商品でもあります。

本記事ではなぜ新幹線回数券をクレジットカード現金化に使用するのは危険なのか、また安全に現金化をする方法をご紹介します。

新幹線回数券を使ってクレジットカード現金化をする方法

新幹線回数券は換金率が高い商品で、自分で行うクレジットカード現金化にもよく活用される商品です。

新幹線回数券はJRの公式サイトやモバイルSuica上で購入することができます。

購入した新幹線回数券を金券ショップに持っていけば、すぐに換金してもらえます。

換金してお金を受け取れば、クレジットカード現金化の完了です!

新幹線回数券の換金率

上述の通り、新幹線回数券は換金率が高い商品でクレジットカード現金化にもよく使われています。

大手買取専門店の大黒屋の公式サイトでは、東京ー名古屋間の新幹線回数券は90%を超える換金率で取引されています。

他にも東京ー大阪間や東京ー仙台間の新幹線回数券も90%以上の換金率となっています。

このように換金率90%超えという商品は珍しく、Amazonギフト券やブランド品でも80%台の換金率が一般的です。

より高換金率でクレジットカード現金化をしたいとお考えの方には、新幹線回数券はとてもオススメの商品と言えます。

新幹線回数券をクレジットカード現金化に利用するのが危険な理由…

新幹線

先ほど解説した通り、高換金率でクレジットカード現金化をすることができる新幹線回数券ですが、現金化業者に使用するのは非常に危険で、利用は控えたほうがいいでしょう。

その理由は、新幹線回数券はクレジットカード会社が購入を厳しく見張っている商品であり、現金化行為がバレやすいからです。

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、カード会社の利用規約上では禁止されている行為です。

仮にカード会社にクレジットカード現金化がバレてしまいますと、強制退会やカードの利用停止、残高の一括返済といったペナルティを課せられてしまいます。

新幹線回数券は換金率が高く、クレジットカード現金化によく利用されている商品です。

クレジットカード会社もそのことを把握しているため、新幹線回数券の購入者は厳しくチェックしています。

少しでもクレジットカード現金化が怪しまれると、すぐに確認の電話がいくようになっています。

確認の電話で疑いが確信になってしまうと、クレジットカードは利用停止です。

また金融ブラックにも追加されてしまい、カードローンが利用出来なくなったり、マンションの賃貸契約が審査落ちになってしまうといった弊害が生まれてしまいます。

「クレジットカードを利用停止になりたくない…」

「金融ブラックになりたくない…」

と少しでも不安があるのであれば、新幹線回数券をクレジットカード現金化に利用することはオススメしません。

新幹線回数券を絶対にクレジットカード現金化に利用してはいけない人

なお以下で挙げる条件に当てはまる方は、絶対に新幹線回数券をクレジットカード現金化に使用するのは控えてください。

すぐにカード会社にクレジットカード現金化がバレてしまい、強制退会や一括返済といったペナルティ処分を課せられてしまいます。

①キャッシング枠を使い切っている

クレジットカードには、キャッシング枠が備わっています。

キャシング枠を用いることで、簡単に言えば借金をすることができます。

しかしながらクレジットカードのキャッシング枠は無制限にお金を借りられるわけではなく、予めその金額は決められています。

そのためキャッシング枠を使い切ってしまうと、もうお金を借りることはできません。

キャッシング枠を使い切り、借金ができなくなってしまった方が次に考えるのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード会社もそのことを重々理解しているため、キャッシング枠を使い切っている方が新幹線回数券を購入すると、すぐに現金化行為を疑うのです。

キャッシング枠を使い切っている方は、新幹線回数券をショッピング枠現金化目的で購入しないように注意しましょう。

②クレジットカードの支払いを滞納している

クレジットカードの支払いを滞納している方は、言うまでもなくお金に困っている人です。

当然ながら、そのような方もクレジットカード現金化に手を出す可能性が高く、現金化行為がバレやすいと言う側面があります。

クレジットカードの支払いを滞納している、クレジットカードをほとんど利用していないなど、クレヒスが悪い方は新幹線回数券を現金化に利用するのは控えたほうがいいでしょう。

③債務整理を行った経験がある方

自己破産や個人再生など、過去に債務整理を行った経験がある方でも、新幹線回数券をクレジットカードで購入するのは危険です。

債務整理を行ったことがある方は、現金化予備軍として常にクレジットカード利用を見張られていると考えたほうがいいでしょう。

くれぐれも新幹線回数券をショッピング枠現金化のために購入するのは控えてください。

④多重債務に陥っている方

総量規制ギリギリまで借入を行っている方も、上記同様にクレジットカード現金化の疑いが強いとカード会社にマークされています。

クレジットカード現金化は借金ではないため、総量規制の影響を受けることなくお金を手にすることが可能です。

そのため多重債務に陥ってしまい、これ以上金融機関から借入ができないと言う方も、クレジットカード現金化に手を出す可能性が高いと考えられます。

多重債務になってしまった場合でも、新幹線回数券をクレジットカードで購入するのは控えたほうがいいでしょう。

安全に新幹線回数券をクレジットカード現金化するには

新幹線回数券

新幹線回数券をクレジットカード現金化に使用するには、多くのデメリット・危険があるということが分かりました。

それでは最後に、新幹線回数券を安全にクレジットカード現金化する方法を簡単にご紹介したいと思います。

①少額の購入に留める

新幹線回数券は換金率が高い商品ですが、だからと言って大量に購入するとクレジットカード会社に現金化目的の購入と疑われてしまいます。

特に新幹線回数券は一度購入すれば、複数回利用することはありません。

そもそも大量に新幹線回数券を購入するという行為自体が不自然なことなのです。

新幹線回数券をクレジットカード現金化に使用する際には、1〜2枚程度の購入に留めるようにしましょう。

②地域に気をつける

新幹線回数券は全体的に需要が高い商品ですが、特に高換金率で取引がされているのは東京ー大阪間や東京ー名古屋間の新幹線回数券です。

ただもしもこれらの新幹線回数券を北海道や沖縄に住んでいる方が購入した場合、自分で利用するとは到底思えません。

このように地域に全く関係のない新幹線回数券を購入するというのも、クレジットカード現金化の疑いが強められる要因です。

③購入する言い訳を考えておく

先ほどご紹介した、新幹線回数券を購入するのが危険な方の条件に当てまはる方の場合新幹線回数券を購入した時点で間違いなくカード会社から確認の電話が届きます。

その電話を無視したり、しどろもどろな回答をしてしまうとクレジットカード現金化目的であると決めつけられてしまいます。

そのような事態を避けるために、新幹線回数券を購入する前には予め言い訳を考えておきましょう。

「旅行や仕事の出張で必要になった」

などカード会社からの問いかけにすぐに返答することで、クレジットカード現金化の疑いを逸らすことができます。

安全にクレジットカード現金化をするのであれば、予め不自然ではない理由付けをするようにしましょう。

まとめ

新幹線回数券は換金率が高く、クレジットカード現金化によく使われる商品です。

しかしながらその反面、クレジットカード会社が特に厳しく利用を見張っている商品でもあります。

仮にクレジットカード会社に現金化がバレてしまうと、ブラックリスト追加や強制退会といった厳しいペナルティが待ち受けています。

債務整理を行ったことがある方や、クレジットカードの支払いを滞納しているなど信用に不安がある方は新幹線回数券をクレジットカードで購入するのは控えたほうがいいでしょう。

またどうしても新幹線回数券をクレジットカード現金化に活用せざるを得ないという場合には、少額の購入に留めるようにしてください。

Filed under: 現金化の方法と仕組み