クレジットカードを現金化できる仕組みと方法を解説

ゴールドのクレジットカード

クレジットカード現金化を簡単に言うと、普段お使いのクレジットカードを換金し、お金を手にするという方法です。

仕組み自体はとても簡単ですが、初めて聞く方はどのような方法なのか想像できないでしょう。

そこで次に、クレジットカード現金化の仕組みを分かりやすく解説して参ります。

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化の仕組みはとても単純です。

クレジットカードで購入した商品を転売し換金すれば、お金を手にすることができます。

単に転売と言い換えても、構いません。

またクレジットカード現金化の仕組みを支える上で重要となるのが、クレジットカードが持つ後払いという性質です。

クレジットカードは言い換えれば借金です。

クレジットカードで支払いをした代金は一時的にですが、クレジットカード会社が立て替えをしています。

クレジットカードを利用した人は、後日クレジットカード会社に支払いをすることで代金の返済をします。

つまりクレジットカードでは、会計をして商品を購入するタイミングと実際にお金を払うタイミングに差があるということです。

この時間差を利用したのが、クレジットカード現金化です。

したがってクレジットカード現金化は、カード会社からお金を受け取り、後日返済すると言ってもいいでしょう。

ただクレジットカードに本来備わっているキャッシングとは異なり、クレジットカード現金化は借金ではありません。

クレジットカードのショッピング枠は買い物や支払いをするために使われる機能です。

したがってクレジットカード現金化は借金ではなく利用に即して審査はありません。

審査不要でお金を手にすることができるため、クレジットカード現金化は債務超過の方や金融ブラックなどでお金の借入ができない方など幅広い方に利用されています。

クレジットカードを現金にする方法とは?

クレジットカード現金化の仕組みが分かったところで、次にクレジットカード現金化の具体的な方法を詳しく解説していきましょう。

クレジットカード現金化の方法を大きく分けると、二つの方法に分けることができます。

一つは現金化業者を利用するという方法で、もう一つは業者を使わずに自分自身でクレジットカード現金化をする方法です。

それではそれぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

①現金化業者を利用してクレジットカード現金化をする方法

パソコンとクレジットカード

クレジットカード現金化は後述の通り、自分自身でも行うことができますが、現金化業者と呼ばれる専門の業者を利用することで、よりスムーズに現金化を行うことができます。

現金化業者は商品の売買を行う買取専門店のような存在です。

現金化業者を利用することで利用者は自分で商品を用意する手間が省け、より簡単にスピーディーにお金を手にすることができます。

現金化業者を利用する方法はとても簡単で、公式サイトから申し込みを行うだけです。

申し込みを行うと、現金化業者から折り返しの連絡が届き、クレジットカード現金化の金額や換金率などが提示されます。

金額と換金率にご不満が無ければ、契約成立です。

クレジットカードで現金化業者から商品を購入すれば、すぐに現金化した金額がご自身の銀行口座に入金されます。

初回は身分証明書の提出などがあり、やや時間はかかりますが、それでも現金化業者を利用すれば1時間程度でクレジットカード現金化は完了します。

現金化業者のメリット

現金化業者を利用するメリットは、なんと言っても手続きが簡単という点です。

自分で商品を用意する必要はなく、購入した商品を買取専門店に持っていく必要もありません。

スピーディーにクレジットカード現金化をすることができるため、

「即日でお金を手にしたい」

「今すぐにお金が必要…」

という方にもオススメです。

また手数料はかかりますが、換金率は一定でありいくらのお金を手にすることができるか予測しやすいというのも利点であると言えます。

現金化業者のデメリット

一方で現金化業者のご利用の際には、メリットだけでなくデメリットも存在します。

クレジットカード現金化は法的にはグレーなサービスですので、それを専門に行う業者の中にはイリーガルな輩が存在しています。

悪徳業者と呼ばれる現金化業者を利用してしまうと、不当に高い手数料を要求されたり個人情報やクレジットカードを悪用されてしまうので注意しましょう。

また現金化業者に支払う手数料も決して見過ごすことはできません。

クレジットカード現金化の際には手数料が発生しますが、この手数料は非常に高く、一般的なカードローンの金利と比較すると数十倍、数百倍にもなります。

クレジットカード現金化は借金ではないとは言え、利用して得たお金はカード会社に返済する必要があります。

高額な手数料の現金化業者を繰り返し利用すると、カード会社への支払いに窮してしまうことになりかねません。

くれぐれもご利用の際には、本当に必要な金額だけを利用するようにしましょう。

②自分自身でクレジットカード現金化をする方法

クレジットカードを差し出す人

上述の通り、クレジットカード現金化は現金化業者を利用しなくても自分自身で行うことができます。

先ほど解説した通り、クレジットカード現金化の仕組みはショッピング枠で商品の売買を行うことで換金するという物です。

したがって自分のクレジットカードで商品を購入し、その商品を転売すればクレジットカードのショッピング枠現金化をすることができます。

自分でクレジットカード現金化をする際には、現金化のために購入する商品を何にするかが重要です。

現金化のための商品は換金率が高く、なおかつ市場での需要が高い商品にする必要があります。

一般的に活用されているのは、Amazonギフト券や新幹線回数券、ブランド品です。

これらの商品は簡単に手に入りますし、価格も高いという特徴があります。

70%〜90%程度の換金率で転売をすることができるので、クレジットカード現金化をお考えの方にはオススメの商品と言えます。

また最近ではコロナウィルスによってマスクやトイレットペーパーが品薄となり、転売が活発に行われています。

マスクやトイレットペーパーはクレジットカードで購入することができます。

クレジットカードで購入したマスクを、高値で転売すればクレジットカード現金化ができます。

このようにクレジットカード現金化の商品選びは、市場と時流をうまく捉えることが重要です。

マスクやトイレットペーパーのように、元値の数倍もの価格で転売できる商品もあり、100%を超える換金率でクレジットカード現金化をすることも不可能ではありません。

自分でクレジットカード現金化をするメリット

自分でクレジットカード現金化をするメリットとして、真っ先に挙げられるのは手数料が換金率かからないという点です。

現金化業者を利用する場合は、どうしても手数料がかかってしまいます。

先ほど解説した通り、クレジットカード現金化の手数料は非常に高くカードローンの金利手数料の数十倍にもなってしまいます。

この手数料を支払う必要がないため、自分で行うクレジットカード現金化であれば、より多くのお金を手にすることができるのです。

また現金化業者を利用する必要がないため、悪徳現金化業者の影に怯える心配がないというのも大きなメリットであると言えます。

詐欺やヤミ金を心配する必要がなく、安心してお金を手にすることができるのです。

「現金化業者に支払う手数料を浮かせたい」

「より多くのお金を手にしたい」

「安心してクレジットカード現金化をしたい」

とお考えの方は、自分でクレジットカード現金化をすることをオススメします。

自分でクレジットカード現金化をするデメリット

自分でクレジットカード現金化を行うことには、デメリットもあります。

まず自分でクレジットカード現金化をしなければならないため、商品選び〜購入〜換金(転売)を自分自身で行わなければいけません。

そのためお金を手にするまでに、非常に手間と時間がかかってしまいます。

当然ながら、即日・スピーディーにお金を手にすることはできません。

「早急にお金が必要…」

とお考えの方には、自分でクレジットカード現金化をすることはオススメできないと言えます。

また自分でクレジットカード現金化をする際には、換金率が高い商品を自分のクレジットカードで購入する必要があります。

Amazonギフト券、新幹線回数券やブランド品はクレジットカード現金化によく使われる商品ですので、クレジットカード会社が利用を厳しく見張っています。

したがって自分でクレジットカード現金化をすると、カード会社に現金化行為が発覚しやすくなってしまうのです。

クレジットカード会社に現金化行為がバレてしまうと、強制退会や残高の一括返済、金融ブラック入りなどのペナルティを課せられてしまいます。

特にキャッシング枠を使い切っている方や、過去に債務整理を行ったことがある方、クレジットカードの支払いを滞納している方は注意が必要です。

安全性を重視するのであれば、自分でクレジットカード現金化をするのは控えたほうがいいでしょう。

まとめ

まとめると、クレジットカード現金化の仕組みは商品を購入し、換金をすることでショッピング枠を現金化するということです。

この方法を抑えておけば、自分自身でもクレジットカード現金化をすることができます。

自分でクレジットカード現金化をすれば、余計な手数料はかかりませんし、多くのお金を手にすることも不可能ではありません。

一方でクレジットカード現金化の方法には、現金化業者を活用するという方法もあります。

現金化業者を利用する場合、高額な手数料はかかってしまいますが、それでも簡単かつスピーディーにお金を手にすることができます。

どちらを利用するかは、ご自身の利用ニーズに応じて決めるようにしましょう。